45歳から

もしかして私、更年期なの?

今、中高年の間で話題のアンチエイジング。
私は30代前半に子育て中にめまい・不眠・イライラなど俗にいう‘プレ更年期’と言われる症状が出ました。
婦人科に相談したところ先生からもう少し症状がきつくなってきたらプラセンタ治療をしてみようかと言われました。
当時はプラセンタは美容に興味がある人が若返りのために使う高価な物だという知識しかなく、しかも薬に頼ると一生治療しなくてはいけないという思い込みもあり、本格的に更年期だと自覚するまで使わないつもりだと先生に伝えました。
その後数年色々な薬やサプリを飲んでみましたがなかなか症状が改善されず、日常生活に支障をきたすようになりプラセンタ治療を開始することにしました。

治療を始めて実感していること

病院で週1回プラセンタ注射を打つのですが、脂肪に打つので私の場合は最初ちくっとする位で特に痛みを感じることなくすでに2年位治療しています。
その間にしっかり更年期と診断され「これが噂の更年期ってものか」と思えたこともあり症状は楽になってきています。
プラセンタを打つようになって思わぬ副産物がありました。
私は普段化粧をしないのですが、以前はくすんでいて肌にハリが無くなってきて年齢より老けて見られることがありました。
それが最近は肌が綺麗だとかしわがないとか言われる事が多くなってきたのです。
これは思ってもいない効果でした。
プラセンタがアンチエイジングには重要な物質だとは知っていましたが、人に褒められるたびに「実はね」と話してしまう私です。